スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材の準備

使うのはダンボール10枚。
5枚重ねの物を2枚作ります。


全面にボンドを均等に付けて重ねる。
特に端はボンドが付いていないことが多いので要注意。
きっちり端を合わせないと使える部分の寸法が足りなくなってしまう場合もあります。

5枚重ねたところで重しを載せて1~2日乾燥。
013.jpg

これを2枚。


乾燥した後、ダウンロードした図面を元にダンボールに線を書く。

2辺の直角を書いて、それから追うようにして書いていくとよいかも。

できあがったら次はカット。

道具とか

道具
ヘラ:ボンドを出すのに使用。板きれでもOK。
クシ目ゴテ:ボンドを均等に伸ばす為に使用。
大型カッター
1mの定規(アルミとかステンレス)
直角を計れる物(T定規やさしがね等)

使って失敗した道具 (-_-;)
ダンボール用のこぎり … 切れない。たぶん1枚なら良いのかも。
ピラニアのこ … 切れるけど時間かかるのでめんどくさい。
普通ののこぎり … アサリがあるぶん寸法が合わない。切り口汚い。

今回、ダンボールを5枚重ねにするので厚さが25mmに!
カッターで切ったのだけど切り口が斜めになりやすいのが欠点かな。


材料など

ダンボール板 120cm x 90cm x 10枚
ボンド 1kg x 2個
ガムテープ(紙) x1個 ※できれば上張りできるやつ

自分がダンボール買ったのはこちら。(ボックスバンク)
板ダンボール5mm  120×90cm(FB11-0000) というので 
今後も何か使うかもということで20枚購入
240円(当時)x20枚=4800円 +送料・手数料

ボンドは800円/個ぐらいかな。

ガムテープ160円ぐらい?
紙にしたのはリサイクルの時に剥がさなくていいから。


ダンボール滑り台

3年前に作った物なので

まずは完成写真から。

000.jpg
大人が乗っても大丈夫!

子供が1歳~3歳まで乗っても今のところ
まだ使えてる。

使わないときは立てかけておけば場所取らない。

要らなくなったらリサイクルへ。


完成にはかなりの気合いが必要です(^_^;)

製作及び使用は自己責任ということで。

ダウンロードはこちら(ダンボール滑り台.pdf)から

検索フォーム
リンク
データのダウンロードは下記から。
Download


ペパクラ
PDOファイルを開くのに必要な
ソフトです。
ビューワーは無料です。

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。